Noah’s Ark Church School

ノアズ・アーク・チャーチスクール

沖縄バプテスト連盟 泡瀬バプテスト教会付属

(小学部・中学部・高等学部)

主のおしえを喜びとし昼も夜も その おしえを口ずさむ人。その人は 流れのほとりに植えられた木。

時が来ると実を結びその葉は枯れずそのなすことは すべて栄える。

詩篇1篇2、3節

教育の特徴

1. 神様を第一とする教育

毎朝チャペルタイム(礼拝)があります。聖書の学びを最優先し、聖書に基づく全人格的教育を行います。

 

2. 親が参加・協力する学校教育(ホームスクーリング精神)

子どもの教育のために、各家庭の協力が必要不可欠です。できる限り積極的に当スクールの授業や行事に参加して頂く方針をとっています。

 

3. 親を対象とした勉強会実施

親も成長する必要があります。子育ての悩みや不安を相談しながら、子どものしつけや教育について、聖書から学びます。その他、懇談会や個人面談、カウンセリングなども実施します。

 

4. 少人数教育(教師一人当たり5~10名の生徒)

心身の発達も、学習ペースも、個人差があります。少人数教育は、個人に合わせた学習方法が可能であり、個性を伸ばす教育に繋がります。

 

5. 縦割り教育

異年齢児童・生徒のみならず、教師やボランティアを含めた様々な世代の人々との交流を

重要視することによって、豊かな社会性を養う事を目指します。

 

6. 総合教育・体験学習重視

子ども達の生活体験が乏しいと言われる現代、机上の学びを実生活の中で活用、実践、

体験することを目指します。

 

7. ホームスクーラーのサポート

当スクールに登録手続きをすることにより、ホームスクーラーの方でも、オプションで

当スクールの授業に出席する事が出来ます。

泡瀬バプテスト教会

公式ウェブサイト

支援金送付先

ご支援

【口座名】

ノアズアークチャーチスクールヲ

ササエルカイ

(ノアズ・アーク・チャーチスクールを支える会)

琉球銀行 泡瀬支店

口座番号:普通527997

● 聖書を土台とする教育

● 親の手による教育・家庭教育重視の「ホームスクール精神」

● 個性を大切にする教育

教育理念

年間行事

教科内容

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

入学式・進級式・春のピクニック

ファミリー交流会

暗唱聖句大会① 平和学習

芸能大会終業式

夏休み

始業式・スピーチ大会(中高生)・水泳記録会

北山荘キャンプ・スピーチ大会(小学生)

ノアズ祭(学園祭)

暗唱聖句大会②・クリスマス会・終業式

始業式

マラソン大会・学習発表会

お別れ会(ピクニック)・修了式・卒業式

聖書・国語・算数・理科・社会・英語・図工・音楽

バイオリンアンサンブル・体育・スイミング

体験学習(社会見学・調理実習)・現代社会・お習字

図書館・読書・そろばん・フラワーアレンジメントなど

入学対象者

▶ 小学生(中学生・高校生からの新規受け入れは行っていません)

▶ スクールの理念・方針をよく理解し、協力して下さるご家庭

*入学申し込みの際、入学面談が必要となります。 *少人数制のため、定員があります。

*参考のため、学力テストを受けて頂く場合もあります。 *所属教会を確認させて頂く場合があります。

*超教派的に運営しておりますので、極端な信仰・信条をおもちの方は入学をお断りすることもあります。

 

その他

▶ 3学期制です。

▶ 制服はありません。体育と課外学習では、スクールTシャツを着用します。

▶ 授業は月曜日から金曜日まで。登校時間は午前8時30分、下校時間は、午後3〜4時です。

▶ 公立小学校を通して配布される教科書を使います。その他、当スクールで推奨する通信教育教材や

  ドリル、教材を併用します。

▶ 給食は週3日。それ以外の日はお弁当です。

▶ 中学部・高等学部では、定期テスト(年間5回)も行われます。

▶ 年に数回、体験学習(校外学習)があります。

▶ 泡瀬バプテスト教会の都合により、家庭学習になることがあります。

保護者対象

▶ 子育て学び会(2ヶ月に1度開催)、保護者会、ファミリー交流会、各行事などに積極的にご参加頂くことに

  なっています。

▶ スクールをサポートする様々な協力をお願いしています。

諸費用

▶ 入学金 20,000円

  年間保険料 3,000円/年

 

▶ 学費

    小学部 22,000円/月

  中学部・高等学部 24,000円/月

 

▶ その他

  給食・牛乳費 3,000円(週3日)/月

  雑費 1,000円/月

  修学旅行積立 1,000円/月

 

※その他教材・スイミング費用などの実費

※月額支払い総額目安 (兄弟割引があります。)

 小学部 32,000円〜

 中学部 36,000円〜

 高等部 39,000円〜

卒業生の声

 多くの教会で若者が減っている現状の中、スクールの小中高生達がそれぞれの教会で仕える献身的な奉仕者となり、またユースの働きも活発化しているのは、このスクールの大きな存在意義だと思います。そして、祈り合い、ビジョンを共有し、共に神に仕える信仰の友が多く与えられたことも大きな恵みでした。(東京都 大学生/第1期生)

 

 私は約10年間お世話になりました。先生方や友人たちに恵まれ、温かい環境での学びとなりました。スクールで日々親しみ身に着けた御言葉は、私の生活の指針となっています。現在、東京基督教大学で学生をしていますが、スクールで培ってきた御言葉の学びは、大学における神学や国際関係の学びと深く結びついていることを日々実感しています。(千葉県 大学生/第1期生)

 

 私がスクールで学んで良かったと思うことは、家庭だけでなくスクールでも、私の勉強や信仰や生活のすべてにおいて、両親が関わってくれたことです。それが嫌だと感じることもありましたが、今ではどれほどの恵みだったのかよくわかります。先生方も我が子のように私を愛し、信仰の継承をしてくれました。また、スクールの友人達は私にとって宝のような存在です。 (千葉県 大学生/第1期生)

 

 入学当初の私は、やんちゃで、すねやすい性格の子どもでした。しかし先生方も生徒も、優しく家族のように接してくれたおかげで、私の性格もだいぶ丸くなりました。勉強も大切ですが、それ以上に、神様を第一とすること、聖書の御言葉に従うこと、教会に繋がり続けることの大切さをしっかりと教えてくれるスクールです。(沖縄県 専門学校生/第2期生)

 

 私はこのスクールで神様との一対一の関係を築くことができました。毎日のデボーションやチャペルタイムを通して沢山の御言葉が自分の内に蓄えられました。またスクールの友達、先生、家族との交わりを通して、神様のことを深く知り体験することができました。卒業してクリスチャンが周りにいない環境に置かれている今、それらは私の大きな支えになっています。(沖縄県 大学生/第3期生)

 

保護者の声

 私たち家族はクリスチャンです。以前からホームスクーリングをしていました。しかし子ども達が成長してきたので、良いチャーチスクールに導かれるように祈っていました。知人から沖縄のノアズ・アーク・チャーチスクールを紹介してもらい、ホームページとスクール紹介映像を見て、主の導きを確信しました。「神様から預かった子どもに信仰を受け継がせるため、親が聖書に基づいて子どもを教育する」というスクールの理念は、私たちが祈り求めていたスクールの姿そのものでした。その後、沖縄に移住し、二人の子ども達はスクールで元気よく学んでいます。同じ思いを持って共に子育てをする仲間も与えられ、とても励まされています。そして、何よりも子どもの成長を、すぐそばで毎日見守る事ができることが一番の恵みです。    (S.Sさん)

在校生の声

 スクールのチャペルタイムでは、小・中学生も奏楽の奉仕をします。このように、早い時期から、自分で楽器を演奏して神様を賛美出来るのは素晴らしい恵みです。また、クリスチャンとして日々成長できること、それがスクールの魅力です。スクールに通わせてくれている両親と、いつもお世話になっている先生方に感謝します。(高校2年L.T.Nさん)

 

 このスクールに通い始めた時、それまでにないワクワク感と幸せを心の底から感じました。それは先生方と親が一つとなって、聖書を土台とした教育を行い、生徒同士が互いに相手を大切にし、愛し合う姿を見たからです。このスクールは詩篇1:2〜3の約束を掲げています。神様のおしえに耳を傾け、神様を愛する人は、時が来た時に必ず実を結ぶという約束のとおり、僕も将来神様と人のために用いられる存在になれるよう努力していきたいです(高校2年K.Iさん)

よくあるご質問

ごあいさつ

ノアズ・アーク・チャーチスクール校長 具志堅 昭

この度はノアズ・アーク・チャーチスクールに関心をお寄せいただきありがとうございます。

このスクールは、「教育の原点は家庭にあり」と考えておられ「でもうちだけではできない」「同じ志をもつ仲間が欲しい」と思われる方々をサポートする、ホームスクーリング主義に立つスクールです。

小中高校の12年間は人生の土台を作る重要な時間です。親にとっても子どもに向き合うべきかけがえのない大切な時間です。子どもは愛情を受けて強くやさしくたくましく全人格的に育ちます。

教師と保護者と子どもたちが、教会の霊的カバーリングのもと御言葉を実践し、キリストに仕える精神をもって共に学んでいきます。

聖書を基盤とする教育の中で、子ども達という原石がどのような宝石に変えられていくのか楽しみです。一家庭の祝福、一教会の祝福にとどまらず、子ども達が日本、世界の歴史を作り上げていく器として成長していく事を信じます。そしてその実現のためにこのスクールがお役にたてれば幸いです。

推薦の言葉

東京キリスト教学園 東京基督教大学 理事長 廣瀬 薫

一人ひとりの人間は、多くの人が持つセルフイメージよりもはるかに尊い存在であると聖書は教えています。けれども、日本や世界の状況を見ると、「人を大切にしない」姿勢が、あらゆる所に広がっています。幼児から、子どもたち、働く人々、女性、そして高齢者に至るまで、人間が大切に活かされていない出来事に触れる度に、心を痛める時代です。

今、一人ひとりの人間を、「神のかたち」として大切に受け止め、その人本来の姿に育て、本人が「生まれて来て良かった。生きて来て良かった」と実感できる教育の場が貴重です。鍵は、聖書に基づくキリスト教世界観に立って神の国に生きる人格を育てることです。そこで神様の祝福が一人ひとりに注がれます。

私もそれを目指す教育機関で神様に仕える一人です。同じ志を掲げてチャレンジしている「ノアズ・アーク・チャーチスクール」は、東京基督教大学と良いタッグを組んで交流・協力して来ました。主の祝福の拠点として、喜んで推薦致します。

推薦の言葉

創恵聖書教会茨城チャペル牧師 宇佐神 実

 私の使命は、創造主とそのみわざを宣べ伝えることです。私はクリスチャン家庭で育ちましたが、公立学校で無神論と進化論の教育を受けたことは、聖書信仰の確立と成長に大きな障害となりました。だから子ども達が創造主とそのみわざを学びながら育つことの意義を痛切に感じるのです。

 主の御前に子どもが成功することを願う親にとって「世の教育と訓戒によって」ではなく「主の教育と訓戒によって育てなさい(エペソ6:4)」との聖書のことばを実践する選択肢があることは、何と幸いでしょう。今は、国の制度が変わり、無認可のスクールからも大学に行けるようになりました。また、海外には日本のチャーチスクールの卒業生に関心をもっている堅い聖書信仰に立脚した大学もあります。

 聖書は「彼(主)に信頼する者は、決して失望させられることがない。(Ⅰペテロ2:6)」と約束しています。主に信頼し、主の教育で子どもを育てませんか。私も協力させていただきます。

Access MAP

ノアズアークチャーチスクール 〒 904-2161沖縄県沖縄市古謝2丁目26-24 TEL 098-939-8080

お問合せ

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

問い合わせを受信しました。

Copyright(c)2019-2019 Noah’s Ark Church School.All Rights Reserved.